おすすめの転職エージェントを探す

転職エージェントはとても頼りになる存在です

いまの会社に満足していなから転職したいと考えながらも何から手をつけてよいかわからないときに人材紹介会社の転職エージェントサービスはとても頼りになります。自分の希望条件に合った企業の求人情報やキャリアの活かし方について、担当のキャリアコンサルタントが間に立ってマッチングしてくれます。

更新
最新の転職エージェント人気ランキング
最新の転職サイト人気ランキング

転職エージェントとは

転職エージェントとは「人材紹介会社」と呼ばれる会社です。正式には有料職業紹介事業所と呼ばれますが、有料とは転職希望者に対して要求されるものではありません。

転職エージェントに登録した転職希望者の入社が決定すると、その企業から転職エージェントにコンサルティング料を貰うことで成り立っている会社です。

転職エージェントは転職希望者に対し、登録など全ての面で一切費用を求めません。 転職支援の専門家が転職希望者の適性に合った企業を、無料で紹介するサービスです。

転職エージェントでは直接雇用の正社員、契約社員の職業紹介の斡旋をしています。

転職希望者の適性に合った企業を紹介してくれるので、企業としても求めている人材を採用しやすいという面で、双方にとってメリットがとても多い会社です。

転職エージェントに依頼するメリット

転職エージェントには、キャリアコンサルタントなどの転職支援の専門家がおります。 転職エージェントに登録した転職希望者一人ひとりに専門家が付いて、入社までの転職支援をしてくれます。

ここで転職エージェントに依頼するメリットを説明します。

  • 転職希望者の適性などをキャリアコンサルタントが客観的にアドバイスしてくれる
  • 職務経歴者など転職に必要な応募書類の書き方を正しく指導してくれる
  • 面接事例などから、採用試験のポイントなどを詳しく指導してくれる
  • 企業の雰囲気など業務内容以外の細かい情報を教えてもらえる
  • エージェントが推薦してくれるため、内定率が高い
  • エージェントと企業が直接交渉しているため、採用結果が早く分かることが多い
  • 非公開求人を紹介してもらえることがある

転職エージェントに登録してから採用まで

転職エージェントと転職サイトの違いは、キャリアコンサルタントと一緒に転職活動をするか、全て自分一人で転職活動をするかの違いです。

自分一人で適性を見極め、膨大な求人から自分に合った企業を探すのは個人の負担がとても大きいです。

ここでは、参考として転職エージェントに登録してから採用までの流れを説明します。

  • @転職エージェントに登録し、キャリアカウンセリングを受ける
  • A転職希望者個人とキャリアコンサルタントがチームとなり、転職活動を始める
  • B転職希望者の適性や経験などをキャリアコンサルタントが客観的に判断する
  • C適性を見極めた上で、転職希望者に合った企業に応募する
  • D企業への応募や面接日時はキャリアコンサルタントがおこなう
  • E正しい応募書類の書き方や企業に合わせた面接方法の指導を受ける
  • F非公開求人を紹介する場合もある
  • G企業に採用後、現職の退職交渉の仕方をアドバイスする

転職エージェントでは上記のように、転職希望者個人に合った企業を見極め、転職希望者の負担を最小限に抑えるために交渉などを援助するという会社です。

また、転職活動で自分のアピールポイントを的確に理解している人は、意外と少ないです。 第三者に客観的に判断してもらうというのは、就職活動にとても有利になります。

登録後に行うキャリアカウンセリングの内容

転職エージェントに登録をすると、初めにキャリアカウンセリングを受けることになります。ここでキャリアカウンセリングの一般的な内容を説明します。

@キャリアカウンセリングを受ける面接場所

基本的に転職エージェント会社の面談ルームなどで受けますが、小規模な会社の場合、転職希望者が住んでいる場所の、近くの喫茶店などの場合もあります。 喫茶店などでも担当者はプロなので、内容は同じです。

Aキャリアカウンセリングの予約の日程や時間

日程は平日から土日まで転職希望者に合わせて受けられるところが多いです。 面接の時間は1時間から2時間ぐらいです。

Bキャリアカウンセリングを受ける時の服用

特に指定されることはありません。ラフな格好でと言われた場合はスーツ以外でも問題ありません。

Cキャリアカウンセリングに必要な書類の持参

履歴者や職務経歴書など必要と指示された書類は持参して下さい。 また、筆記用具とメモ帳などは持参する必要があります。

Dキャリアカウンセリングの内容

職務経歴書などから現在の職業や、今までの転職活動について相談します。 希望の職種などから、今後必要なことなどアドバイスを受けることになります。 そして今後の連絡手段や連絡が取れる時間帯などを伝えます。 また、キャリアカウンセリングでは普段疑問に思っていたことや些細なことでも相談にのってくれます。遠慮せず、分からないことは聞きましょう。

転職サイトと転職エージェントはどっちがいい?

転職しようと思ったとき、転職サイトと転職エージェントのどちらを利用する方がいいのかを徹底比較。転職サイトは自分で求人情報を見て仕事を探す方法です。

一方、転職エージェントは履歴書を添削してくれたり、面接指導してくれたり、自分に合った企業を紹介してくれるというメリットがあります。

転職するのは勇気がいることですよね。希望の会社に転職するためにも、自分に合った方法を見つけてください。

求人数対決

○WIN:転職エージェント
転職サイトより多くの求人が登録されています。またその多くが非公開求人であり一般公開はされていません。一般では求人を出していない大手企業の求人等も存在します。

×LOSE:転職サイト
エージェントよりも求人数は少ないですが、全ての求人が閲覧可能です。自分の持っている資格や経歴に関係なく、未経験の業種等も幅広く検討することが出来ます。

気軽さ対決

○WIN:転職サイト
24時間自分の好きな時間に求人を探すことが出来ます、また応募する時間帯も選びません。求人検索〜書類選考結果連絡まで全てが自分のデスク上で完了します。

×LOSE:転職エージェント
キャリアアドバイザーと面談しなければ求人を探す事は出来ません。就職先が決定するまで何度もキャリアアドバイザーとの面談や連絡を取り合うことが必要となります。

応募可能数対決

○WIN:転職サイト
掲載されている求人の中からいくつでも、自分の好きな求人に好きなだけ応募する事が可能です。

×LOSE:転職エージェント
キャリアアドバイザーが求職者に合うと判断して提案された求人にのみ応募可能です。担当キャリアアドバイザーを通しての応募になる為、一度に多くの求人に応募する事はできません。

手軽さ対決

○WIN:転職エージェント
キャリアアドバイザーが多くの求人の中から就職出来る可能性の高い求人を絞り込んでくれます。面接日時の調整や履歴書や職務経歴書の書き方の指導はもちろんの事、応募する企業に合った面接に向けてのアドバイス等もしてもらえる為、自分の頭を悩ませる必要がありません。採用に至らなかった場合も、客観的に反省点や次に活かせる対策を一緒に考えてもらえます。

×LOSE:転職サイト
多くの求人の中から自分で応募する求人を探し出す必要があり、それなりの時間が必要です。面接日時の調整や、必要書類の文章作成等も全て自分一人で行わなければなりません。

転職までにかかる時間対決

○WIN:転職エージェント
出来るだけ早く転職出来る様にサポートしてもらえます。
エージェントに登録すると担当のキャリアアドバイザーが付き求職活動のサポートをしてもらえますが、求職者の就職が決まらなければエージェントに報酬が入ってこない為、1人の登録者に長期間サポートを続けることはありません。平均して3ヶ月程度と考えましょう。

×LOSE:転職サイト
運やタイミングもあるかとは思いますが、自分に見合った求人を探し出した上で他の応募者達と競い合わなければならない為、納得の行く転職先に入社するには時間をかけて求職活動を行う必要があります。

転職出来る確率対決

○WIN:転職エージェント
「確実に求職者を採用に導く為」の求人探し・アドバイスをしてくれます。なぜなら転職エージェントもまた企業であり、その収入は求人登録をしている企業へ求職者が採用された時に成功報酬として入って来るからです。さらに応募する求人が非公開求人であった場合は、転職サイトに比べて競争率が低くなると言えるでしょう。

×LOSE:転職サイト
自分の能力の把握が出来た上で、自分に合う求人を探し出すスキルが必要です。誰でも同じ企業への応募が可能な為、人気の業種・職種などは競争率が非常に高くなります。

希望の職種に就ける確率対決

○WIN:転職サイト
自分で選ぶのですから当然ですが、自分の希望にあった求人を探して応募する事が可能です。

×LOSE:転職エージェント
希望の職種かどうかよりも、求職者に合った仕事かどうかを優先して求人を紹介されます。求職者が転職に成功するかどうかでエージェントの収入の有無が決定しますので、無謀な挑戦は断られます。

転職するならどちらのサービスを利用するべきか

転職サイトは自由度が高い分、手間や時間が掛かります。そこまで転職を急いでいないが情報収集をしておきたい方・沢山の求人を見てみたい方・自分のペースでやりたい方・自分への向き不向きに関係なくどうしても就きたい職種や夢がある方に向いています。

転職エージェントは求人数が多くてもその全てを閲覧出来るわけではありません。

キャリアアドバイザー個人の能力や求職者とキャリアアドバイザーの相性によって求職活動の質も変化します。

しかしながら非公開求人の多くはエージェントに成功報酬を払ってでも本当にいい人材を求めている企業からの求人なため、転職する必要に迫られている方・自分の得意分野が分からない方・好きな仕事ではなくてもとにかく確実に長く勤められる企業を求めている方に向いていると言えます。

今回は「転職する」事を目標として利用すると考え、より転職を成功させる為のサービスに特化した転職エージェントの勝利と致します。

転職エージェントについてのまとめ

これから転職活動を考えている方には、転職エージェントの登録をおすすめします。

個人で転職活動をすることと比べると、転職エージェントでのサポートは、自分では気づかない適性などを知ることができ、転職活動の幅も大きく広がることになります。

また、自分では正しいと思っていた常識が少し偏っていたことなど、第三者を通して学ぶこともできます。

自分自身を知ることが転職活動でとても大切だということを、転職エージェントで知っていただきたいです。

更新
最新の転職エージェント人気ランキング
最新の転職サイト人気ランキング

最新の転職エージェントをランキング形式で比較

転職エージェント最新人気ランキング
更新

リクルートエージェント

リクルートエージェントの男性 約30万人の転職者に選ばれた理由として、転職成功実績NO.1であり頼れる専任アドバイザーがいて非公開求人が約9万件あること。正社員だけでなく契約社員もあり、すぐに転職したい人に最適。求人数は業界トップで、リクルートエージェント経由で転職した人の66%が年収アップしている。

>>リクルートエージェントの詳細はこちら

JACリクルートメント

スマホで転職情報を探し中 国内に6拠点世界に8拠点を置く国内最大級の転職支援会社の一角で旧社名はジェイエイシージャパン。外資系企業全般に強く特にメディカル、IT、エレクトロニクス関連は取引先数が多く多様な求人の職種を取り扱っている。近年はアジア圏の日系企業の情報も取り扱いに強みを持ち、海外勤務案件数ランキングで1位を獲得している。

>>JACリクルートメントの詳細はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントの女性 利用者の96.4%が満足する人材紹介会社。多岐にわたって人材サービスを展開している株式会社マイナビの人材紹介部門で、知名度も高く企業との接点も多いのでマイナビエージェントが保有する求人数が多いのも特徴。特に、IT業界、メーカー、機械、医療、医療機器、営業職、管理部門を得意としていてきめ細かなサービスが期待できる。登録拠点は東京と大阪。

>>マイナビエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア

パソナキャリア社員 国内最大級の転職支援会社のひとつ。総合人材サービスの先駆者と言える企業。取引先の企業数は国内トップクラスで、企業の中でもパソナに対する信頼感とブランドイメージは非常に良いとされる。大手企業から成長ベンチャーに至るまで幅広い選択肢を提供してくれ業種職種も様々。応募資料の作成から面接指導アドバイス年収交渉まで専任のアドバイザーが代行してくれる。

>>パソナキャリアの詳細はこちら

アデコの転職エージェント

アデコで転職した男性 世界60カ国約5500もの拠点を持ち、国内総合人材サービス企業として人材派遣の領域で強みを握っている。東京、大阪、名古屋を中心に展開しており、転職コンサルタントが長年の経験を活かしたサポートを行ってくれる。IT、インターネット、管理部門系職種、その他外資系企業関連の情報が豊富である。

>>アデコの転職エージェントの詳細はこちら

ランスタッドの転職支援サービス

ランスタッドのナビゲーター オランダに拠点を置く世界第2位の人材サービス会社。人材派遣業からスタートした外資系の人材サービス会社で世界中に広がるネットワークを活かして人材紹介業にも力を入れている。日本ではまだ知名度が低いが、シェアを拡大し派遣会社の買収を効果的に行い伸びてきている。派遣スタッフとしても就業時間が長く安定して働ける。

エンエージェント

エンエージェントで転職成功 転職サイトの媒体運営会社として知名度が高く転職エージェントとしての知名度はまだ高くないが企業認知度が高いため都内を中心に10,000件以上の求人がある。他者を圧倒する求人数を持ちつつ入社後の活躍まで丁寧にサポートして転職初心者に向けたサービスが充実している。製造業、ITエンジニアなどの専門知識・技術を持った人の求人が多い傾向にある。

ビズリーチ

ビズリーチで面接中 新聞やテレビなどのメディアに多く取り上げられた高収入転職サイト。総額年収750万円以上に特化していて掲載求人の質や転職支援をしてくれるヘッドハンターのレベルが非常に高い。1200名を超えたヘッドハンターが登録されていて、しっかりと審査されたヘッドハンターのみが利用でき実績や評価も公開されていて有能はヘッドハンターのみとやりとりできる。管理職、専門職、グローバル人材などに強い。

>>ビズリーチの詳細はこちら

ワークポート

ワークポートで転職した女性 IT特化型の転職エージェントで1番規模の大きい転職エージェント。ITを担当する営業マンやキャリアコンサルタントの数も多く転職支援や求人獲得のため営業活動を行っている。また名前も浸透しているので多くの求人を取り揃えている。IT転職ナビという転職サイトを運営して他社よりも多くの求人を獲得し良質な未公開求人も多くある。

>>ワークポートの詳細はこちら

レバテックキャリア

レバテックキャリアでの指導 業界内でも非常に評価の高いIT系専門の転職エージェント。キャリアコンサルタントのIT知識の高さ、IT系の転職市場に沿った適切な転職アドバイス、大手では得られない求人、アットホームで親切な転職支援体制、高い選考通過率など他社に比べると非常に評価が高い。関東圏限定でサービスを展開している。現場が求めるスキルと転職希望者が持つスキルのマッチングを得意としている。

>>レバテックキャリアの詳細はこちら

ハタラクティブ

ハタラクティブでお世話になった 学歴不問、経験不問の求人情報を集めているのが最大の特徴。高卒OKや専門卒OKの求人をしっかり集め大学を卒業していないから正社員採用しないという企業の求人情報は基本的に掲載していない。さらにフリーターや未経験でもやる気や人柄を見て正社員採用してくれる企業の求人情報を中心に掲載している。求人はIT、エンジニア、メーカー、営業、マスコミ、販売業など幅広い。また応募書類の添削提出も専任コンサルタントがサポートしてくれ、聞きにくい企業側への質問などもやりとりしてくれ安心して入社できる。

>>ハタラクティブの詳細はこちら

JOB転職支援サービスで転職活動

JOB転職支援サービス 国内で有名なアルバイトブランドを経営するアルバイトタイムス社がこれまで培ってきた人材ビジネスを活かしつつも、転職ビジネスへと参入してきた東京、静岡、名古屋地域限定の転職支援サービス。正社員で転職を目指す方のみをターゲットにしていて、キャリアコンサルタントの手厚い支援やサービスを受けられる。特に静岡県の求人は多く、Uターンに強い転職エージェント。

>>JOB転職支援サービスの詳細はこちら

就職AGENTneo

転職AGENTを検索中の男性 国内大手の人材企業ネオキャリアが運営する新卒・新二新卒の若手向け転職エージェント。ネオキャリア自体が新卒向けの求人サイトが有名で若手向けの就職支援には高い実績を持っている。非公開求人の紹介や適職の相談、就活に役立つイベントや研修にも参加でき実践的なアドバイスももらえる。

jaic(ジェイック)

jaic(ジェイック)の女性社員 20代の転職就職支援に特化したサポートをしている。フリーターや中退者にも力を入れていて、営業カレッジ研修を受けると20社ほどの企業と集団面接ができる。研修を受けた人の80.3%が内定を獲得し、入社後の定着率は97%以上とかなり高い。正社員の募集のみを取り扱っていて本気でキャリアを積み正社員を目指す人にオススメ。

>>jaic(ジェイック)の詳細はこちら

マンパワーグループ

マンパワーグループの経営状況 世界82カ国に約3500者オフィスを持つ外資系の人材会社として日本でも知名度は高い。事務サポート系からIT金融関連など幅広い職種の求人があり仕事案件も多めで、同じ仕事でも他に比べ時給が高め。アメリカ本社の派遣会社ということもあり、アメリカ、外資系企業の日本法人の仕事も比較的多く取り扱っている。

テンプスタッフキャリア

テンプスタッフキャリアで結束 派遣会社で有名なテンプスタッフグループの人材会社。他と比べるとガツガツした印象がなく丁寧な転職サポートが好印象と高評価。マイペースで転職活動したい人にオススメ。キャリアアドバイザーの年齢層は高めで落ち着いたカウンセリングを受けることができる。

ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズの女性スタッフ イギリスに本社を持ち世界24カ国にオフィスをかまえるバイリンガル・スペシャリストに特化した転職エージェント。外資系エージェントとしては日本に最も早く進出してきた。コンサルタントの約半分は外国人ではあるが候補者にマッチングしたグローバル企業を提案してくれる。利用者満足度は93%と非常に高く、きめ細かで質の高いサービスや実績も評価され人材紹介会社対象の賞を数多く獲得している。

最新の転職サイトをランキング形式で比較

転職サイト最新人気ランキング 更新

リクナビネクスト

リクナビネクストで転職した男性 リクルートが運営する就職、中途採用、求人情報サイト。豊富な新着求人やスカウト機能があり、今すぐ転職したい人もいつか転職したい人もまずは登録しておくことがオススメ。日本最大級の会員数を誇る転職サイトで転職した人の約8割がリクナビネクスト利用者。毎週水曜日に登録条件にあった求人がメールに届き、気になる企業を一括保存する機能や検討中リストに入れることができ、求人が終了しても求人再開後にメールが届く。様々な機能が豊富で口コミで高く支持されている。

>>リクナビNEXTの詳細はこちら

マイナビ転職

マイナビ転職を利用した人 毎日コミュニケーションズが運営していて求人数は3000件の大手一角。大手企業から中小ベンチャー企業まで幅広い求人があり、転職マイコーチで履歴書添削や転職相談ができ好評。満足度も非常に高い。転職ノウハウや適性診断などいろんなコンテンツがあり無料で利用できる。新着求人は毎週火曜と金曜更新でマイナビにしか載っていない求人が80%ある。

>>マイナビ転職の詳細はこちら

転職@Type

転職@Typeで自信がついた 東京都神奈川県埼玉県千葉県等の関東圏を対象に展開中。業務効率を優先しない親身なキャリアコンサルタントがいて、取り扱い求人について丁寧に教えてくれる。特にIT系WEB系営業系管理系の専門職に強く、20代後半から40代前半程度までのキャリアを活かした転職の支援に力を入れている。

>>転職@typeの詳細はこちら

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)の社員 人材紹介、人材派遣、アルバイトを主に取り扱っている人材サービス企業。特に転職支援には力を入れており、保有求人数はリクルートエージェントにも匹敵する。転職決定人数の規模は国内最大級クラスで、年間1万人以上の転職をサポートしている。公開求人はキャリアコンサルタントを通さず応募することができ自分のペースで転職活動を進めることができる。

>>DODA(デューダ)の詳細はこちら

とらばーゆ

とらばーゆで転職しました 女性が次の自分にぴったりな仕事と出会い、いきいきと生活することを応援している。女性ならではの求人や条件を反映した求人特集やライフスタイルに合わせた職場を探せるこだわり検索を設置している。例えば産休育休や18時までに退職できるなど。更新は毎週月曜・木曜で参画のタイミングは週2回、急なニーズにも対応できる。

>>とらばーゆの詳細はこちら

ジョブセンスリンク

ジョブセンスリンクで相談にのってもらいました 次世代の転職サイトと言われていて大手転職サイトに割って入る勢いで大成長を遂げており転職業界では話題の転職サイト。求人掲載料を無料にし、通常を超える求人数を獲得した。転職が決まった人へのお祝い金制度を導入しユーザーも獲得しサイトは繁栄している。求人情報と転職希望者を数多く集め多くの転職を成功させてきた。求人エントリーも登録していればボタンひとつで行え便利で気軽にできる。

>>ジョブセンスリンクの詳細はこちら

キャリコネは色々なキャリアから情報を見れます

キャリコネ 企業に勤める社員が内情を赤裸々に描いた口コミサイトを運営していて、これをもとに転職活動ができる画期的な転職支援サービス。本当のところの社風や収入、際どい裏事情など転職活動の際とても役立つ情報がある。登録企業者数は43万社で100万件の口コミがあり年間利用者数は1700万人である。

>>キャリコネの詳細はこちら

キャリアインキュベーション

キャリアインキュベーションで仕事に就いた男性 人材業界で長年経験を積んだメンバーで創業し社員数は少ないが、コンサル、経営幹部、金融系の転職支援を専門にしている。プロフェッショナル層に特化した人材紹介業で求人を絞って獲得しており、ハイクラスならではの条件で情報を検索できる。

>>キャリアインキュベーションの詳細はこちら

新着エントリー

リクナビNEXT、DODA、マイナビ転職、@type、ジョブセンスリンクの5大転職サイト対決
転職サイトを比較対決しました!転職しようと思ったときに、お世話になるサイト。同じ...

アデコ、パソナ、スタッフサービス、リクルートスタッフィング、テンプスタッフ大手人材派遣会社の比較対決
派遣社員として働こうと思ったとき、まず人材派遣会社に登録すると思います。ここでの...

Indeed(インディード)
Indeedとは Indeedとは、いろいろなサイトの求人、海外の求人などを探せ...