40代女性に役立つ転職活動のコツの詳細

> 40代女性に役立つ転職活動のコツ

40代女性に役立つ転職活動のコツ

転職を考える40代女性が気になるのは「35歳転職限界説」という言葉でしょうか。

確かに35歳を超えると求人数がぐっと少なくなって、転職の難易度は格段にあがりますが、コツをつかめれば転職は夢ではありません。

ここでは、転職を考えている40代の女性に役立つ事柄をまとめました。

40代女性が転職をする際に考えておくべきこと

転職活動では書類選考の最初の関門が年齢になることもあり、受け入れ企業が減るのは事実です。

採用基準を厳しくするケースも増えるため、熟考したうえで転職をしないと理想を叶えることはできません。

まずは自分にとって仕事とは何なのか、何故転職をするのかをしっかり考えます。

本当に正社員で働く必要があるのかなどを含め、会社での立ち位置だけでなく、家族や健康、生活状況などを俯瞰(ふかん)して見極めましょう。

企業が40代女性に求める能力

全ての40代女性の転職者に共通して求められる能力のほか、キャリアアップを狙っての転職、新しい職種への転職、それぞれに求められる能力があります。

40代女性ならではの能力

ある程度は年齢を重ねないと説得力がない職種において、40代女性の説得力が期待されます。コミュニケーション能力は全ての社会人に必要です。

特に40代では、経験年数が多いので高いコミュニケーション能力が必要とされています。

また、ホルモンバランスが崩れて不機嫌になりトラブルを起こしたりすることのないように、体力があって心身共に健康であることも求められています。

キャリアアップ時に求められる能力

即戦力としてビジネスの最前線に送り込むための採用となるため、経験と実績は必須です。

女性向けのマーケットなどにおいては女性目線での提案や企画も重要なので、女性ならではの視点と価値観も期待されます。

自分の下で働く人を教育する能力やマネジメントスキルを発揮しつつも、前の会社のやり方を引きずらない柔軟性も求められます。

新しい職種への転職で求められる能力

性格の温和さが求められます。人当たりが良い優れた性格なら、宿泊施設や介護施設、販売店などで採用される可能性が高くなります。

相手を思いやる気持ちや、優しく人に接することのできる能力を備えていれば、未経験職種への転職への道が開けているといえます。

40代女性が転職活動を成功させるコツ

スキルアップ転職であれ未経験の職種への転職であれ、転職を成功させるコツは徹底的に情報を集めることです。

求人情報はハローワークだけでなく、新聞などの紙媒体、タウン情報誌や町の求人情報雑誌、インターネット上の転職サイトなどあらゆる媒体を利用して収集します。

また、40代の女性が自分1人でスキルアップにつながる転職を実現するのはかなり難しいといえます。

転職アドバイザーや転職コンサルタントを使うことで、経験と実績が活かせる同職種に就職しやすくなります。

沢山コミュニケーションをとって少しでも多く転職につながる情報を教えてもらい、転職をサポートして貰いましょう。

参考⇒転職するならハローワークと転職エージェントのどっちがおすすめ?

40代女性が正社員になるコツ

キャリアアップしたい場合、正社員を目指したい未経験の職種がある場合、特に職種が決まっていない場合など、それぞれの場合のコツをご紹介します。

キャリアアップしたい場合

キャリアアップ転職を希望するなら、コンサルタントの力を十分に使って正社員求人に応募し続けます。

採用されるまでに必要となる応募数は、若年層より多めになります。応募数がトータルで自分の年齢の2倍は必要だと心を決めて、根気強く応募するのがコツです。

書類選考を通った後の面接を、たとえ落ちたとしても大事にしましょう。一社目ですんなり合格することはまずありません。落ちた面接をきちんと振り返ることが、未来の採用に繋がります。

希望する未経験の職種で正社員を目指したい場合

仕事の経験と実績がない職種で正社員登用を目指す場合、求人数がかなり限られてしまいます。働きぶりを見てさえもらえれば正社員に値すると認めてもらえる自信がある場合は、社員登用制度を利用しましょう。

社員登用制度で正社員になった実績がある会社かを確認した上で、契約社員などの求人に応募します。

単純に正社員を目指しての転職を考えている人は、現職では正社員の道が残されていないかを模索してみましょう。

上司や周りの方に相談して、現職での社員登用の可能性を探るのが正社員への近道になることもあります。

参考⇒紹介予定派遣で派遣社員から正社員雇用へ

職種が決まっていない場合

職種にこだわりが無ければ、働き手が不足している業界を目指すのが正社員になるコツです。ほとんどの保険会社では、外交員として働く女性を正社員登用してくれます。

正社員の内定が貰いやすい上に、研修制度がきちんと整っているところが多いのもポイントです。

介護業界では、慢性的に働き手が不足しています。きつい仕事かもしれませんが、楽な正社員の仕事なんてありませんし、社会的に必要とされていてやりがいもあります。

現場の仕事だけでなく、将来的にはキャリアアップしてケアマネジャーのような、介護現場をマネジメントしていく仕事につくことも可能です。

資格を生かす・取得する

資格を生かせば、正社員としての転職に成功しやすくなります。簡単に取れる資格やTOEICなどではなく、薬剤師や看護師といった特別な資格です。保育士や調理師、医療事務や歯科助手などの資格も効力を発揮します。

人生経験があって対応の優れた中高年を医療事務として採用しようとするところも増えていますし、介護福祉関係の資格も40代の転職では役に立ちます。

ライバルが多く実績も重要となりますが、事務系の資格も転職では強みになります。働き口は多いので、根気よく転職活動をすれば事務職として採用される可能性が高まります。

40代女性が転職するメリットとデメリット

定年まで20年程ある、人生経験も仕事経験も積んだ40代は、ライフプランの再考に適した時期です。ここで働き先を妥協せずに希望を叶えれば、納得できる人生を送れるでしょう。

子供が居てもある程度手が離れ、つきっきりの子育てが不要になる年齢でもあります。40代での転職は仕事に打ち込める環境が整っているのもメリットでしょう。

デメリットとしては、理想が高いと転職が成功しにくいことが挙げられます。実績が役に立たなかったり、業務内容がハードだったりする可能性があります。

それに、前職よりも年収が低くなるケースも多くあります。即戦力として期待されて入社する場合は、それなりの業績を上げなくてはならないというプレッシャーがかかるのもデメリットといえるでしょう。

参考⇒転職で年収ダウン後の暮らしについて調査

40代女性が転職活動で気を付けるポイント

40代での転職は簡単なことではありません。転職を考えている時は、現職の不満なことや不可能なことばかりに目を奪われがちになり、恵まれている条件については当然のことと認識してしまいます。

今働いている企業と今一度向き合ってみるのも大切です。転職活動を始めるタイミングは、退職してからではなく働きながらにしましょう。40代の転職は長期化しやすい傾向にあります。

参考⇒仕事しながら転職活動をする方法

求人情報を集めるなどのリサーチは働いていてもできるため、退職を伝える時期には慎重になりましょう。

また、転職して給与が下がる事の方が多いため、キャリアアップをしつつ給与を上げることを希望すると、転職失敗するケースが多くなります。理想を高く持つのは大切ですが、現実も受け入れる必要があります。

まとめ

ここまで40代女性の転職活動のコツについて読んでもらいましたが、いかがでしたか?

思っていたより厳しそうと思った方は、今一度現職の企業と向き合ってみましょう。それでも転職をしたい方は、転職先の職種などを含めたキャリアプランをしっかり見つめ直します。

20年近く働いてきた人には、自分が思っている以上に沢山のスキルが身についているものです。将来のビジョンを明確に持って取り組み、納得のいく転職を果たす手助けとなれば幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加