ハローワークインターネットサービスの詳細

> ハローワークインターネットサービス

ハローワークインターネットサービス

ハローワークインターネットサービスって何?

ハローワークとは、国が管轄している無料の職業紹介事業を行う機関で、全国で200万人以上が登録しています。

ハローワークインターネットサービスは、その全国550カ所以上のハローワークで集めた求人を、自宅などで検索・閲覧できるサービスです。

ハローワークインターネットサービスは、求人の閲覧のほかにも、以前は直接、管轄のハローワークに出向かなければできなかった様々なことが自宅にいながらできる、大変便利なサービスです。

今回は、そんなハローワークインターネットサービスについて、色々と調査していきたいと思います。

ハローワークインターネットサービスでできること

×求職情報登録
×求人相談・紹介
×求人企業への応募
×履歴書・職務経歴書の作成

求職情報仮登録
求人閲覧
提出用書類ダウンロード

ハローワークインターネットサービスでは、求職情報の登録や求人への応募をすることはできませんが、仮登録や求人の閲覧、また様々な提出用書類の書式をダウンロードして印刷することができます。

ハローワークインターネットサービスのメリット

◎ハローワークに通わなくてもよい
一度、求職登録をしてしまえば、あとはハローワークにわざわざ通わなくても自宅のパソコンからいつでも求人情報を検索・閲覧することができます。(登録をしなくても閲覧できる求人はありますが、限りなく少なくなります)求人検索のパソコンがいつも混んでいて待ち時間がもったいない、という方にはとても便利です。

◎全国どこでも検索できる
通常ハローワークで閲覧できるのは、地元の求人情報がほとんどですが、インターネットサービスなら、全国どこの求人でも閲覧することができます。そのため、引っ越しや転勤が決まった際にも、すぐに引っ越し先での仕事探しをすることができ便利です。

◎あやしい求人が少ない
ハローワークは国が管轄しているため、基本的にあやしい企業は求人を出せません。また、企業は雇用保険への加入も義務付けられているので安心です。

ハローワークインターネットサービスのデメリット

・インターネットサービスでできるのは、求人情報の閲覧だけです。気に入った求人があった場合、応募はハローワークで行わなければなりません。

・雇用保険関係の手続きに必要な申請書などをサイト内からダウンロードし、自宅で印刷・作成することができますが、実際の手続きは管轄のハローワークで行う必要があります。

・ハローワークで受理した求人情報のうち、企業が希望したもののみがホームページに掲載されます。そのため、実際にハローワークに行かないと見られない求人もあります。

・サイトの求人を見て、何か疑問に思うことや質問があった場合、窓口に行けばすぐに企業に問い合わせてもらうことができますが、インターネットサービスの場合、すぐに確認してもらうことはできません。

ハローワークインターネットサービスはどんな方におすすめか

●誰にも知られずに仕事探しをしたい方
現在、在職中の方など、誰にも知られずに仕事を探したい方には、自宅で求人検索ができるインターネットサービスは大変便利です。

参考⇒今の会社へバレない転職活動の仕方

●時間がない方
在職中や在学中で、ハローワークで求人情報をゆっくり閲覧する時間がない方にもおすすめです。また各種手続きに必要な書類を、自宅で落ち着いて記入したいという方も、インターネットから書式をダウンロードすることができるので便利です。

参考⇒仕事しながら転職活動をする方法

●ハローワークが自宅から遠い方
今までは、ハローワークが自宅から遠い方でも、求人情報の閲覧をするためだけに通わなければなりませんでした。しかし、インターネットサービスを利用すれば、その必要はなくなります。

ハローワークインターネットサービスのおすすめの使い方

インターネットサービスでは、好きな時にいつでも求人検索ができ、また、以前ならハローワークに行かなければもらえなかった書類も自宅のプリンターで印刷することができるようになりました。何度もハローワークを行ったり来たりする手間が省けるので、とても便利です。

ただし、申請の際には、ハローワークに行く必要があります。

ですから、ハローワークインターネットサービスの使い方としては、時間のある時に自宅でじっくりと書類の準備や求人情報の閲覧をし、手続きや相談などがあるときのみ、ハローワークに出向くという使い方が良いでしょう。

自宅で求人情報を閲覧する際は、気になった求人の求人番号を控えておくと、あとで紹介してもらう際にスムーズです。また、人気の求人は早い者勝ちでなくなってしまうため、『これ』というものがあったら、できるだけ早くハローワークへ行って紹介してもらいましょう。

ハローワークインターネットサービスの申し込み方法

ハローワークを利用しての求職活動をするためには、1度管轄のハローワークに行き、求職登録をする必要があります。

1.求職登録をする
『求職申込書』を記入して、提出します。求職申込書には、住所・氏名などのほか、希望する仕事や勤務時間・就業形態・収入・条件や今までに経験したことがある仕事などを記入します。

2.ハローワークカードをもらう
求職申込書が受理されると、『ハローワークカード』がもらえます。窓口での相談のほか、インターネットサービスを利用する際にも、このハローワークカードに記載されている求職番号が必要になります。

まとめ

以上、ハローワークインターネットサービスについて調査してきましたがいかがでしたか。

数年ほど前まで、ハローワークといえば、求人の検索のためにパソコンに並んだり、求人情報の分厚いファイルから仕事を探したりしていましたが、現在は、インターネットサービスのおかげで、そのような効率の悪い職探しの場ではなくなりました。

周りの目を気にすることなく、好きな時間にゆっくり仕事探しをすることができることは、求職者にとって、とても良いシステムではないでしょうか。欲を言えば、他の転職サイトのように、自宅のパソコンから直接応募でき、書類の申請ができるようになれば、さらに使いやすくなるのではと思います。

>>ハローワークインターネットサービスの求人検索サイトはこちら

ハローワークをおすすめする方たちの口コミ

条件を直接相談出来る
ハローワークのオススメポイントは、相談員の人に直接相談出来るところです。 最近ではネットやフリーペーパーで就活する方が増えていますが、入社してみて思っていたのと違ったというケースは少なくありません。 そのような事態を防ぐために、事前にしっかりと情報収集しておくことが大切です。 ハローワークなら相談窓口で何度でも話が聞けるため安心ですしハッキリとしないことは相談員から企業の方へ質問してもらえてとても便利です。
色々なサービスを知ることが出来る
ハローワークに通っていると、行政機関が行っている安いサービスを利用することが出来ます。 これについてはハローワークの職員と会話をしてサービス内容を教えてもらえたりする事があります。 そこが最大の利点です。 ハローワークの職業訓練を受けている間には、失業給付は貰えるし悪いことは何もありません。 ただし人気のある講座については直ぐに定員になってしまうので 見つけたら直ぐに相談が必要です。 また履歴書や職務経歴書の書き方も添削してくれる場合があります。
現地で面接のアポをとってくれる
ハローワークでは仕事の希望条件を伝えるだけで、いろいろ条件にあった会社を探してくれてます。そして条件にあったところを見つけると、すぐ目の前で面接のアポイントをとってくれ、紹介されるような形で行けるので、少し優遇されているような気になれます。職探しの際、アルバイトは自分で面接のアポイントをとり、派遣はエントリーしてから何日も待たされることがあります。また基本的にすべて自分で行わなくてはいけません。ハローワークはそのような手間が省けるのでとても楽に感じます。
スキルを身につける場所です。
求職中で失業手当をもらう際に、ハローワークが行っている無料のパソコンセミナー等を受けることによって求職活動とカウントされる上に、無料でスキルを身につけることができます。定員はありますが色々な講習が行われているので、自分の興味のあるセミナーを選ぶと良いです。場合によっては長期にわたって無料で職業訓練も受けることができるので、職業訓練校でスキルをまなびそれから就職活動につなげていくこともお勧めです。就職するために必要なスキルを身につける上ではハローワークがお勧めです。
ハローワークの職員さんへの相談
私は、ハローワークに通ってやはり一番良かったのは、窓口で直接職員さんに相談できるということでした。自分のやりたいこととか性格とかを含めて、次の仕事をどのように選んだら良いか悩んでいたときに、優しく聞いてくれてアドバイスしていただけました。そして、面接前の電話も実際に自分で直接電話をかけたりするより、間にたって担当者に電話をしてくださったりとハードルが少し下がるというか、気が楽に就活出来たと思います。職員さんに直接相談をして活動出来るのがハローワークの良いところだと思います。
セミナーを無料で受けられる
ハローワークのおすすめポイントは、各種セミナーを無料で受けられるというところです。一対一での面接練習や志望動機の添削ももちろん役立ちましたが、各種セミナーの中で他の参加者の考えてることや志望動機を聞くことで、自分のレベルがどの程度なのかとか、他の人の態度を客観的に見ることで自分がどう見られてるかということを客観的に理解することができました。面接は結局は他の人と比べてよいか悪いかで判断されると思うので、客観的に他の人と比べられる機会はとても貴重で役に立つものだと思います。
文章では分からない面を説明してもらえます
求人誌やインターネットで求人を探すよりも、ハローワークの方が条件等明確に知ることが出来ると思います。賃金や休日、手当、長期休業の取得が出来る会社かなど求人誌では分からない部分も知ることが出来ます。また、ハローワークに直接行き、求人について相談することで、会社がこのような人材を求めているということも教えてもらえますし、求人内容の文章から読み取れないことまで説明してくれます。直接求人担当者と掛け合ってもらい、多少条件と合わなくても面接を受けられるよう手助けしてもらうことも出来るので、ハローワークがおすすめです。
ハローワークのおすすめポイント
私の思うハローワークのおすすめのポイントは、職業相談で自分の希望に合った仕事を紹介してくれるだけでなく、色々なアドバイスをしてくれるところです。 以前、何度かハローワークを利用させていただきました。どんな仕事が良いか、どんな条件が良いかということを伝えると、すぐに紹介してくれます。 また、その会社がどのような所なのか、どんな人なのかということも教えていただきました。面接や試験の情報もわかる限り教えてくれます。 そのため安心して面接などに臨むことができました。親身になって相談に応じてくれるので、今でもとても感謝しています。
親身になってくれるハローワーク
ハローワークのおすすめポイントをひとつ挙げるなら、親身に相談に乗ってくれて履歴書等の添削をしてくれるところです。転職するときに初めて利用したのですが、職務履歴書の書き方がわからなくて相談に行きました。そのとき担当してくれた方は、とても丁寧できちんと話を聞いてから添削をしてくれ、履歴書の自己PR欄も自分の良いところを引き出してくれて作成することができ助かりました。自分で読む履歴書とほかの人から見る履歴書は感じがまた変わってくると思うのでそういう面でも添削をしてもらいよかったなと思いました。
お母さんの強い味方「マザーズコーナー」
小さなお子さんをお持ちのお母さんには、仕事探しというのはなかなか難しいことだと思います。ハローワークでは、「マザーズ」という子育て中のお母さんを応援する窓口があります。相談窓口の横には、キッズコーナーがあり、お子さんを遊ばせながら相談することも可能です。おもちゃや絵本などが用意してあるので、お子さんも飽きることなく、ゆっくりと就職について相談することができます。ハローワークに行きたいけれど、子供を預けられない、子供と一緒に行くのは気が引ける、と悩んでいたお母さん達の味方になると思います。
ハローワークは公共事業なので虚偽の募集があれば追及出来る
世の中には今、様々な求人媒体があります。その中にはハローワークより検索機能の優れた媒体もありますし、条件の良い情報が非公式に出ている媒体もあります。そんなところと比べてハローワークの良いところは求人内容に食い違いがあれば法的に追及されるので、信頼性が高い事です。仕事が足りないから働きたい人が働けないという問題と、働き手が足りないから職場が廻らないという矛盾する二つの問題には大きく横たわるのはミスマッチではなく食い違いです。求人情報と仕事内容の食い違いが小さい点でハローワークは優れています。
若年者向けお仕事マッチングサービスはとてもよいサービスである。
私は、ハローワークのサービスと言えば、求人登録と求人検索、そして個別相談のサービスと考えられる。また最近では、若年者の雇用問題も出てきているので、お住いの自治体(都道府県、市区町村)と連携しているプロジェクトというサービスをハローワーク内かもしくは関連する場所にて提供していることがあります。お仕事マッチング相談、履歴書・職務経歴書等の書き方や、面接のアドバイスまで、幅広く行っている場合があるので、該当する求職者の方は受けてもためになるサービスだと思います。
何と言っても地元の企業に特化したところです
本屋さんで見かける求人情報誌も勿論わかりやすいのですが、地元企業を集中的に探すにはやはりハローワークが一番です。 田舎の中小企業などでは求人情報誌の周知度が低いのが現状です。 「求人情報誌で掲載が無いのに、ハローワークに行けば地元企業はもっとたくさんの求人が掲載されていた。」 という事もよくあります。 ハローワークの求人は9割以上の企業が求人欄に給与金額と福利厚生等の有無まで詳細に書いていますから、一番気になる給与面が明確なのは本当に安心できるポイントです。
相性のいい相談員と巡り会えると嬉しい
3度転職しましたが3度ハローワークの求人から応募しました。こう書くとあまりいいイメージが無いかもしれませんが、最後に転職してから3年以上勤務しているので私としては良かったと思います。それこそ、2度の転職を同じ相談員の方にお世話になったのですが、親身になって選考状況を聞いてくれ、こちらの希望に合わせていくつか企業を斡旋してくれました。転職活動中は収入が無いことから実家にいるのもつらく、同年代の友人は働いているので中々相談もできず孤独感を味わうことが多かったですが、この相談員さんがいてくれたおかげで何とか励んで転職活動を続けられました。転職活動をネットで簡素にするのも手ですが、人を介した方が精神的に楽になることもあります。
すぐに働きたい場合
ハローワークにある求人の全てとは言いませんが、給与が低かったり、労働環境が良くなかったりする求人が多いです。もし、転職サイト等で全く仕事が見つからない場合は、条件が悪くても仕事を探すことは可能だと思います。以前にハローワークで内定をもらった会社は、社員が殺人事件に巻き込まれたことのある会社でした。これも極端かもしれませんが、仕事と会社を選ばなければ仕事が見つかる可能性は高いです。もちろん、中には優良企業もあります。
ひねくれではありませんが…
自分に合う仕事、探すのは本当に大変です。家庭状況や本人のメンタル状態で探し方、見方も変わると思います。ハローワークは適正な仕事紹介が出来る場所で安心感があります。それでもなかなか見つからない事も多いと感じます。そんな状態で他の仕事を探している人と仲良くなったり、経歴を聞いたりした時「この人より、まだましな仕事してきたな…」苦労話を多く聞けて、参考になります。そんな自分励ましの場所としてのメリットが大変失礼ですが感じる所です。
インターネットサービス求人情報検索
ハローワークに実際通ってみて、得したのはやはりハローワークインターネットサービスの求人情報検索です。 予約も特に必要なく、行けば1分ほどでそのサービスを受けることができます。 求人情報誌はたくさんありますが、見てしまうと次に発売されるまで待たなくてはなりません。 ですが求人情報検索はリアルに新しい情報が飛び込んでくるのです。 しかも、よい企業があればプリントアウトもできて、その場で面接の申し込みをハローワーク通してしてくれます。
わざわざ頻繁にハローワークに出向かなくても自宅で求人検索ができる
私のハローワークのオススメポイントは「ハローワークインターネットサービス」です。これは自宅のパソコンから全国のハローワークの求人情報が検索できるというとっても便利なサービスです。スマホからもできます。夜間や休日でもいつでも検索が可能なため、平日忙しい人でも自宅で気軽に求人検索ができるし、時間を気にせずゆっくりと検索ができます。自宅ならまめに新着の求人チェックもしやすいです。気に入った求人をあらかじめ控えておけば実際ハローワークで申し込むときもスムーズで効率が良いです。
お仕事検索自由
ハーローワークは、パソコンで誰でもお仕事を探すことができます。 現在、お仕事をしている人、これからしようと思っている人なら誰でも使用可能です。 場所によっては時間制限がある事もありますが、空いていれば時間制限がないところがほとんどです。 冬は暖かく、夏は涼しく、ある程度空調の温度調整がバッチリな環境でお仕事を存分に探せます。 操作がわからない人でも人に聞かなくても検索できるように案内がありますし、検索結果を枚数制限があると思いますが、 印刷して持ち帰ることも可能です。
ハローワークのおすすめな点について
職探しでハローワークがおすすめな点はいくつかありますが、その中でも特に私がおすすめと思えるのはその求人数の多さです。これは他のどの求人サイトと比較しても言える確かな事です。ですから、求人探しをする際は絶対にハローワークを中心に探すのは必衰になってきます。もちろん、他の求人サイトも使えるのはありますがそれでも求人数の数から言ってもハローワークに遠く及ばないです。 なのでハローワークは職探しをする際には本当に最適であるのは間違いないです。
各案件の求人票
ハローワークは職探しには向かないなど言われるが、1件ごとの求人票は詳細が記載されていて判りやすいと感じます。実際の仕事内容と異なる事もあってクレームの対象になる事案も発生してますが、求人票自体は求人雑誌よりも見やすいと思います。最近では一部の求人票には過去3年程、年度ごとの入社人数と、その時入社して現在も在籍している人数を公表している場合もあるのでおおよその定着率がわかって一つの参考になります。
お役所管理の求人場だということ
ハローワークは、検索だけならいつでも出来ますが、紹介状を貰おうとなると、病院並みに待たされるところで行かなくてはいけないときはある意味覚悟が必要なところですが、それでもハローワークへ出向く理由としては、お国の、厚生労働省が設置している行政機関、つまり公的機関だから、ということです。それにともなって、こんな補助がありますよ、とか、求人に絡む、公的補助、職業訓練学校などについても教えてもらえるときがありますし、なにより万が一ブラック企業に遭遇してしまったとしても、そのまま打ち明けて、どうしたらよいかなど対応を相談することができるという強みがあります。
ハローワークは職探しのプロ。親身に相談に乗ってくれます。
ハローワークを利用する上で一番のおすすめは、なんといっても職業相談です。 利用者の年齢や条件、これまでの職業経験などをふまえた上で、 自分の強みとなるスキルを見つけてくれたり、未経験の業界でも活かせる可能性を提案してくれたりします。 職員さんは数々の求人情報や求職者を見てきた職探しのプロで、親身になってくれる応援団でもあります。 失業手当の手続きや仕事の紹介だけをお願いするだけではもったいない! なかなか仕事が決まらない時は、一人で悩まず、ぜひ相談をしてください。
ハローワークで近場の職場探し
ハローワークで仕事を見つける時の最大の利点は、居住区域近辺の職場がよく求人を載せているという点です。某就職サイトや転職サイトになれば、求人のほとんどは都心に集中していて、田舎暮らしで就職を考えている人にとっては、通勤時間を考えればあまり魅力的ではないかと思われます。しかしハローワークで求人を探す場合は、小規模の会社もたくさん載っていて、田舎の人でもさほど通勤時間を取られない圏内で見つける事ができます。実際に私もハローワークで見つけた、家から近い職場で現在も働き続けています。
なによりまずハローワークへ行くという行動力が大切!
今では、職探しは家でネットを見て済ませますが、この時代にあえてハローワークに行くことのポイントは、「ほかの人も求人に必死!」というのを実際に知ることができるということだと思います。ハローワークでは老若男女様々な人が日々職探しをしていて結構にぎわっています。ここに行くことで、こんな人もがんばって職探ししてるのか、私も負けてられない!と奮い立つことが重要なのです。実際職が見つかるかは分かりませんが、そこでの職探しへのモチベーションアップは、きっとほかの求人方法でも役立つと思います。
安心出来る職場の紹介が多いです
求職活動をする時には様々な方法があります。しかし雑誌やネットの求人は実際の内容と相違している場合も、しばしばです。その点ハローワークは長所もありのままに伝えています。そのため期待感が高まる求人こそありませんが、嘘偽りがないので信用度は抜群です。 また求人雑誌などの場合は自分で電話をして確認するなどの手間がありますが、ハローワークだと担当者の方が取り持って下さるので緊張感が和らぎます。何といっても最初に電話をするのが非常に緊張すると誰もが言っているくらいです。 更には、職業訓練なども充実しているので、多くの人から人気を得ているのだと思います。
必ず相談に乗ってくれる人がいる事
転職、就職活動を一人でやって行くのはある意味戦いであり、面接も何社も受けても落ちるなんて事が当たり前だと思っています。 ハローワークの魅力はそんな一人での戦いを一人ではなくしてくれる場所にあると思います。 検索が簡単で複数から選べるという点を挙げるのであれば、求人サイトと大して変わらないように思いますが、そこには受付の方や相談に乗ってくれる方がいてくれる事で、一人ではなく一緒に悩んでくれる人がいるというのが最大の魅力なのではないでしょうか。なかなか決まらない時に支えてくれる人がいる、それだけでどんなに心強く、頼もしい事でしょう。広告だけを見てもよくわからなかった部分を解説いただけたり、オススメ案件も一緒に探してくださったり、一人で画面とにらめっこするのではないという安心感にもつながります。一人が辛いなら誰かに相談するというのも手段の一つです。 実際に私は相談に乗って頂いて自分にとってよい仕事に就く事が出来ました。一人ではないという事に勇気づけられました。
希望の職種が効率的に探せる
私は保育士の資格を取得してから、ハローワークで仕事探しをしました。私の通っていたハローワークには福祉人材コーナーがあり、介護職や、保育士などの福祉職の仕事を集中的に探せ、仕事についての専門的な相談なども受け付けてもらえました。実際に面接を受けたい保育園を見つけたときも、すぐに面接の日程調整を電話でしていただけてとてもスムーズに面接まで進むことができました。給与面や、仕事をするにあたっての不安なことなども色々と相談に乗って頂けてとても心強かったです。
ハローワークを通して応募する時は内情を聞こう!
ハローワークで良い仕事を見つけたら、カウンターで担当の人と面接の日程などを決めると思います。 その際は、その企業の面接状況や、求人を出している頻度を聞くと良いです。 私の場合、親切な担当が「ここはいつも求人を出しているから、採用されるとは思うけど大変かもしれない。」「ここは今◯人が受けているけど、まだ決まっていない。あまりここで見ない会社だから定着率がいいのかな」などと教えてくれました。 本来は、ハローワークの人が求人を出している企業の状況を話すことはNGだとは思いますが、応募する方としては年中求人を見ている訳ではないので、非常に助かります。 いつも求人を出している企業に面接しに行ったら、やはりな、と思うような環境だったので、ハローワークの方の話は概ね信用できると思います。 ハローワークの方がオススメした企業は入社できませんでしたが(笑) また応募した他の方の性別や年齢層なども教えてくれたりしました。 他の人にはない強みをアピールするのに使えるかもしれません。
便利さ
私が就活の時にハローワークを利用しました。 他の就活サイトなどとは違ってハローワークの社員の方との面談を経て説明会や面接に行けるところかがとてもメリットがあると思います。地元のハローワークということもあり、大学の就職支援センターまで行くのを考えるととても便利で助かりました。結果的に、ハローワークが主催する説明会で今の会社を見つけ、就職に至りました。社員の方との面談の際も、私の良いところ悪いところをはっきりと教えて頂ける方でとても自分自身を知るきっかけにもなりました。そういった面でもハローワークは就活生にとってとても良い場所だと思います。
相談にのってもらえる
ハローワークでの仕事探しでのおすすめは仕事を探す上での様々な相談にのってもらえることと思います。失業中になかなか自分に合った条件の仕事が見つからない場合、他の業種で探そうとしても経験不足や未経験のために自身では業種の幅をなかなか広げることができません。そんな時に職員の方に今までの経験年数や未経験でもチャレンジしたい旨を伝え、自分でも出来そうな仕事を見つけてもらえると仕事探しも悩まずに済みます。企業と求職者の橋渡し的存在としてあるのがハローワークと考えています。
相談から面接日決定まであっという間!
パソコンで気になる会社の求人表をプリントアウトして相談窓口で相談すると、担当者が直接会社へ問い合わせてくれ面接アポまでお世話してくれる事。ウジウジと迷っていても、面接日が決まってしまうと、前に進める事。時間帯や勤務日など、求人表に記載されている内容以外の部分まで電話で問い合わせてくれたりで、ダメもとで相談したつもりが、結果面接を受けることになり、採用された事があります。レールを敷いてくれるので後は走るだけです。
ハローワークでは求人検索してきましょう
ハローワークでは,職業相談などいろいろな窓口がありますが,一番のオススメはやはりコンピュータ端末による求人検索だと思います。年齢と希望職種など必要事項を入力して検索ボタンを押せば,条件にあう求人情報を簡単に探せます。気に入ったものがあれば,プリントアウトして帰宅後にゆっくり検討することも可能。新聞やインターネットでは探せない求人や,企業の情報を見つけることができるので新たなチャンスをつかめるかもしれません。
仕事探し紹介
私がハローワークで一番お薦めポイントは、希望してる仕事を紹介してくれる所です。わからない事は教えてくれますし、自分に合った仕事をこと細かく教えてくれるので助かります。わからない事もパソコンを使い、調べてくれるので便利です。後、一番は自分が持っているスキル、資格を聞いて仕事紹介してくれるので、子育てしていて仕事探ししている方にも最適だと思います。ハローワークは、無くてはならない場所だと思います。仕事探しに良い所です。
就職活動に役立つセミナーが沢山
私が以前にハローワークを利用した際に便利だと思ったのは、就職活動に役立つ各種セミナーが開催されていることです。面接での正しい受け答えやアピールすべきポイント、履歴書の書き方など就職活動を行うに当たって役に立つセミナーがたくさん開催されていました。もちろん人数制限があり、人気のセミナーは早期の予約が必要となりますが、面接が大の苦手だった私もセミナーを受講することでどのような受け答えをすれば好印象を与えられるかを学ばせてもらい、就職活動をする上でとても役に立ちました。
何となく時は金なりという言葉を思い出しました!
ハローワークでの利点はいくつかありますが、私が利用して一番のおすすめポイントは複数の企業への問い合わせに対して自身が問い合わせるのでなくて、職員の方が電話をかけて頂ける点だと思います。 企業側にとっては逆に応募の際の電話の受け答えも評価の対象になる場合もあります。利点ではないと思うのですが、応募する側にとっては、例えば応募人数が何人現在いますと具体的に教えてもらえ、条件はいいのだけれど、もしかしたら自分が勘違いしている点もあるかもしれないなど思っている疑問などは担当の方にお願いして質問してもらえます。 逆に自分自身が問い合わせの段階であまり質問ばかりというのも抵抗があるので、何を質問したいかなど窓口の方に相談すると良いです。質問内容を絞って知りたい事を企業に問い合わせて貰い、その答えを聞いた段階で応募を断念した経験があります。就活時に無駄な時間を省けた事は非常にありがいと思いました。
働かないでお金がもらえる。会社都合はなお良い。
私は通勤途中に大病を患い救急入院し、その後、会社都合での離職となりました。会社都合の場合は、数ヵ月の間を空けることなくすぐに給付を受けることができます。給付期間中は、心のうちは働く気が無くても、必要最低限の求職活動をすれば給付を受けられます。2週間に1回ぐらいハローワークに行き、数十分パソコンで適当に求人検索をすれば、働かずにお金がもらえます。私は、給付期間が終わってからの方が熱心にハローワークに通って求職活動しました。
ハローワークのおすすめポイント
ハローワークで仕事を探すことのメリットといえば、やはり安心感と信頼性ではないでしょうか。職員の方と相談をしながら、自分の希望や適性に合った職業を探すことが出来ます。自分では気付かなかった能力を発揮できる職場とも出会えるかもしれません。求人先との間に立ち相談に乗ってもらえるため、面接の日取りなど細かなスケジュールまでサポートしてもらえます。安心して自分のペースで仕事を探すことが出来るのは、とてもありがたいです。
地元の求人が多いのがメリット
ハローワークを利用して就職活動を行うメリットと言えば地元の求人が多いという事だと思います。ハローワークは地域に必ずあるので地域密着の求人が多いのも特徴です。また転職サイトなどに掲載されていないおすすめの求人もあったりする事もあります。特に自宅周辺で就職先を探しているという人にはおすすめです。それに職員がいるのでいろいろ相談する事も出来るので不明点などもすぐ解決する事が出来て悩んでいる事がある時にはすごく助かります。
ハローワークのセミナーを活用しよう
私は出産を機に会社員を退職し、失業手当を頂くことと、再就職を目指すためにハローワークを利用しました。窓口相談では、親身になって話を聞いて下さったり、働ける時間帯や日祝休みであるかどうか、マイカー通勤が出来るかどうかなどの細かい条件下の中で当てはまる仕事を探してくれたりしました。オススメはいくつもあるのですが、最もオススメをしたいのは、ハローワークが行っている「就職支援セミナー」です。京都府では、定員20〜30名の就職支援セミナーが行われていました。そこでは、就職活動の仕方や履歴書の書き方、また職務経歴書の書き方など、様々な事を教えてくれます。私はこのセミナーに参加して、初めて「職務経歴書」というものを知りました。履歴書と一緒に企業に提出することで、自分の今までの経歴を相手に知らせることが出来ます。私はこの職務経歴書を付けて書類を提出し、次の日面接に行くと、とてもいい印象をもっていたただき、無事採用となりました。ハローワークを利用するのであれば、窓口やパソコン、求人を眺めるだけではなく、積極的に就職支援セミナーに参加することをオススメします。もちろん、無料で、電話一本で予約できるので、是非とも参加してみてください。
ハローワークで決まりました。
ハローワークで正社員の仕事が決まったことがあります。 ハローワークのいい所は自分で検索して、応募の前に何人、どんな年代の方が受けているかなどを教えてくれるところです。自分より若い人が受けていたら書類から落とされる可能性が高いので、無駄に応募しなくて済みます。検索も簡単で楽だし、募集の条件も事細かく書いてあるので見極めやすいです。場所にもよりますが、比較的皆優しいのでアドバイスもくれるし、相談場所もあるし、便利です。
沢山の仕事を選べる事
何時でも自分の都合のいい時間に行って、地元の企業や会社を探し自分に合った仕事を選ぶ事が出来る事。ハローワークの職員の方と面接を受けたい会社等の相談が出来ること。選んだ企業や会社の場所の確認や面接の日時や募集が終了していないのかなどの細かな事も電話連絡して確認してくれたりする事。ハローワークは自分で就職先を選んで面接をして就いた仕事なので長続きすると思います。時間をかけて仕事を探す事が出来るので多くの会社や仕事内容を選べる事が良いと思います。
ハローワークのおすすめなところ
ハローワークのおすすめなところは、情報が豊富にあるというところです。特に求人雑誌に載っていない企業の求人が多い。企業が求人募集をしようとしたさい面接に割く人員など様々なコストがかかります。その点ハローワークは無料で求人をかけることができるので大々的に募集をかけることのできない地元企業や小規模な企業などの求人情報が多数あります。優良な求人はすぐに決まってしまうのでこまめに情報を収集することが大事です。
パソコンが利用で来ることです
ハローワークで一番おすすめのポイントは、無料でパソコンが利用できることです。最近のハローワークでは、パソコンを使って求人を探すのが主流です。地域にもよりますが、パソコンの使い方が分からない人であっても、職員の方が優しくサポートしてくれます。求人雑誌などの紙媒体よりも、求人情報を効率よく検索できますので、自宅にパソコンが無い人であればハローワークに訪れてパソコンを使って探してみてはいかがでしょうか。
ハローワークでは応募前に不明な点を確認してもらえるのが利点
ハローワークで見つけた求人に応募する場合、まずは窓口の担当者の方が応募先の会社に電話で問い合わせをしてくれます。 そのとき、もし不明なことや求人情報に書かれていないことで知りたいことがあれば、それをあらかじめ担当者に伝えておくと、電話で確認をとったうえで応募することができるので、とても助かります。 以前にも、求人票の「必要な経験等」の欄に「エクセルが使える人」とだけ記載されていましたが、レベルについて不明だったので問い合わせしてもらったところ、私のレベルでは難しいと言われたこともありました。 自分で直接電話で問い合わせすると、遠慮して聞けないことや肝心なことを聞き忘れてしまって面接に行き、無駄足を踏むことになるかもしれません。 あらかじめきちんと確認してもらえるのは精神的にも楽だし、ハローワークの利点のひとつだと思います。
職業訓練
私が実際に利用して一番良かったと思ったものは「職業訓練」です。 以前に勤務していた会社が倒産になりハローワークを利用していました。その時に職業訓練というものを知りました。 今までは工場の現場で働いていましたが、今回の求職を機会に事務職をやりたいなと考えていました。 職業訓練では総務関連の講習を受講し、3ヵ月ほど通いました。 3ヵ月間は講習を受けながらお仕事を探し、講習終了に合せて新しい職場に就職する事が出来ました。 講習を受けている間でも、多くはありませんが給付金も頂けます。 給付金を受けながら総務・パソコン関連の勉強ができ、とても有難い3ヵ月間でした。 講習を受ける定員が少ないのは難点ですが、受けられる機会があるなら是非お勧めしたいシステムです。
職業訓練校
ハローワークと言えば、仕事斡旋やパソコンを使って自身で淡々と仕事を探す。といったイメージですが 一人で悩むことの無い様に職員の方が色々な相談にのってくださります。 その中でも、今、現在自分が望む職種にはどんな資格が必要かその為にはどうしたらいいのか? そこで選択肢の中に初めて「職業訓練校」いわゆる「職訓」てやつがあがってきます。 この職訓、イメージが学校なので成人したいい大人が行く場所なのか?費用はどのくらいかかるのか?期間は?等々・・・ 考えるとしり込みしてしまいがちですが、条件を満たせば年齢を気にせずいく事ができますし費用は安価、期間も開催場所も様々。 ただし、人気の職訓には応募者殺到の為、筆記試験があり、そこで不合格になるといく事ができません。 しかし、合格基準は筆記試験の成績だけで判定される訳ではない様なので勇気を出してチャレンジしてみるといいと思います。
履歴書添削
私の思う一番のオススメは、履歴書添削です。一部のハローワークだけかもしれませんが、企業に履歴書を提出する前にハローワークに持参すると、ハローワーク担当者が見てくれます。一人で履歴書や職務経歴書を書いていても、良く書けているかどうか分からないので、第三者の目で一度読んでもらえるのは、とても良いと思います。ほとんどの企業が書類審査から入るので、履歴書が通らない事には何も始まりません。その点でも、一番重要だといっても過言ではない履歴書に対して、アドバイスをもらえるのは、かなりのメリットだと思います。
ふたを開けたらがない
ハローワークの一番良いなと思う所は、自分が対象に入っている仕事かどうかがちゃんと分かるという所だと思います。フリーペーパー等の求人雑誌だと確かに募集中の仕事が沢山掲載されていて募集ジャンルも豊富です。けど記事スペースの問題か細かな部分が書かれてなかったりします。私自身応募した後に「女性限定」とか「年齢制限に引っかかるので」と門前払いのような扱いを経験しましたが、ハローワークだと求人の記載が細かいので本当に自分が採用される可能性があるかが分かるので無駄な動きをしないで済むのでありがたいです。
ハローワークを利用して良かった事
私は、以前転職活動の為、ハローワークを利用した事があります。求人雑誌や、ネットでも色々な求人を探していましたが中々難しく、ハローワークと合わせて転職活動をしていました。ハローワークを利用して良かった点は、ハローワーク専用の求人検索のネットがあり、自分の年齢や、希望職種、希望の勤務地、希望の給料を指定して、希望にマッチした会社の検索ができる点です。気になった求人情報はプリントアウトして、職業相談窓口で職員の方に相談できます。条件が合えば、ハローワークから紹介状を手配してくれます。転職活動は不安な事がたくさんありますが、職員の方に相談でき、不安点や悩み等を親切に聞いて頂きアドバイス頂き、前向きに転職活動を頑張れました。

>>ハローワークインターネットサービスの求人検索サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加